遅すぎるスタートはない

八王子でピアノ教室しています。

現在生徒さん募集中!

ハンガリーのピアノ教育者であるアーブラハーンさんの記事を

昔からムジカノーヴァをよみました。「音楽を通して子供を人間として

成長させること」ハンガリー動乱などを子供時代に経験し、最初は独学でピアノをはじめたそうです。記事の中には

何かを勉強するのに遅すぎることはないという文があり勇気づけられます。

「音楽というのは人格の幅をひろげるものです。私はこどもたちが嫌な仕事を避けることなく、なにごとにも負け向きに意欲的に取り組むことができるようしどうしていくことが大切だとかんがえている。それが人間教育としてのピアん教育です。」には感銘を受けました。

ただ課題を与えてそれをこなすだけでなくもっと心に響くような

指導ができるよう、指導者も感性をみがかなければならないと

身にしみました。視覚芸術をもっとたしなまなければなあとおもっています。

美術館とかもう、開館したのかしらん。昨日は

久しぶりにむすめちゃんと連弾ができました♪

音楽はやっぱりたのしい!

では

きょうも素敵な一日を!