和音をきれいに

ピアノ教室しています。

現在オンラインレッスンで生徒さん募集中!

今日は和音の話、ピアノをはじめてしばらくしたら和音がでてきます。弦楽器や管楽器とちがいピアノは一度に同時にたくさんの音を鳴らせます。これはじつはすごいことなのです。

だって人の声だっていちどに高さのちがう音を発することはできませんから。

その特性をきれいに表現するには

和音としてかかれているものはどうじにぴたりと合わせる必要があります。これは初心者のかたにはむつかしい。

なぜなら指から鍵盤までのながさがちがうので、あまり意識せずに鍵盤に落とすと必然的におとはばらけるのです。

そんなときはとにかくゆっくり

目で確認!

耳で確認!

しながら練習するのがあんがいはやみちです。ゆっくりです。

自分で指先までコントロールできるくらいゆっくり。。

現在オンラインのレッスンをしていますが

和音のばらけはわりと聞き取りやすいです。

ベートーヴェンやブラームス、ラフマニノフなど和音がどんどんできてくる曲がスムーズに弾けるようになってほしいから

いまのうちにきれいな和音をこころがけましょう。

あと、和音がぴったり一緒になったら

つぎはそのバランスです。均一の音量を作曲者がめざしていることはすくないです。バランスも重要。

これは

また次の機会に。

では今日も素敵なstay homeを!