1万時間の法則

 

ピアノ教室しています

現在生徒さん募集中

1万時間の法則というのをしっていますか?

資格試験、語学などなにかを自分のものにしてなしとげるには1万時間かかるということです。これは1日のうち9時間費やして3ねんかかるということですね。

ピアノもそうかもしれません。

ただ一日9時間というのは

実際おとなになってからはむつかしいでしょう。

ですから3年というスパンをもっともっとながく設定したらいいと思います。

お子様の場合はもっとながくとれますね。

子供のうちから一日9時間練習していたら

それこそ練習方法さえまちがわなければ

すばらしく上達するはずです。

そういえば、高校生のときに

一般の大学か、音大かで悩んだことがありました。当時は音楽の道に進むことはけっこう

親に負担を強いるから私立の音大は無理と

思い、そうなると国立の芸術大学しかありません。それはそれは高い壁です。

当時習っていた先生におうかがいをたててみると「一日で起きてる時間全部ピアノ弾ける?で」ときかれ、

わたしはあっさりあきらめました。

いまになればそれがよかったのかな~なんて思います。ピアノを専攻しませんでしたが

こうしてピアノをつづけていられるのは

それでも幸せです。