酷暑

八王子でピアノ教室しています。

酷暑の日々がつづいてます。

暑い中、参観型のレッスンに来てくださり感謝です。

昨日はおばあちゃんも観にきてくださった

かたもいて感謝感激。

どうしても、あれも教えたい、これもはやく習得してほしいと思ってしまいますが、基礎の段階は

あせらず、ピアノってむつかしいって

おもわないようにお教えしないとと

おもっています。ひとりひとり目の前の生徒さんに向き合っていきます

今日も、引き続き参観レッスン!がんばります

ケンハモでブルグミュラー

は八王子でピアノ教室ています。

今日は台町市民センターで参観型レッスン第2弾。

あと、明日、明後日もです~。

みなさん、お母さまやご兄弟がきてくださって、

いつもより緊張してるのがよくわかる~。

いつもより練習してる生徒ちゃんも。

いつも通りの生徒ちゃんも。

 

そして、今日は時間があまったから

お友達2人と連弾しました。

けんはもでブルグミュラーも合わせてみました。楽しい!やっぱり音楽はたのしいな~。

今日はお盆、先生聴いてくれてるかな。

参観型レッスン

八王子でピアノ教室しています。

昨日は参観型レッスンで

おかあさまやご家族で、おとうさんが

次々きてくださいました。

楽譜をみて弾かないのですが~という悩みや

ご家庭での様子をきかせてくださったりで

私もとても参考になり、これからのレッスンに活かしたいと気持ち新たにした次第です。

途中雷で電気がショートしてエアコンが効かなくなったり。。。

暑かった~。暑いなかピアノ弾くのは大変だったろうね。

今日もちょっと不安定な天気です。

暑すぎですよ!

 

台町市民センターがリニューアル

八王子でピアノ教室しています。

今日も朝から暑い!

午後は台町市民センターでピアノ参観型レッスン。

昨年は改装中ででききなかった。

リニューアルして初めてです。音楽室どうなったかな?午後は雷雨の予報ですね。

少しは涼しくなるかな~。

せっかくひろい場所でグランドピアノだから

今日は倍音をきいてみよう~

とグランドピアノのアフタータッチをしってもらって

音にたいする感性をみがいてもらえたらとおもっています。

バーナム人気

八王子でピアノ教室しています。

今日は一日すごく暑かったです。

お教室では最初の導入がおわったくらいからバーナムを使用しています。4小節から8小節でおさまるバーナム。けど勉強することいっぱい。手の形などはほぼバーナムで学んでほしいな。案外そして、バーナムだけはきちんと練習する生徒さんもいます(他の曲はどうしたのかな??)

そして、私の好きなチェルニー、やっぱり人気ないですねえ。。なんでかなあ。つまらないかしら。。

筋トレとか好きな人はむいてるってかんじなのかな。

ちょっとストイックなひと向きかなあ。

もっと大変なバッハという大きな壁があるのだけどな。

体験に来てくださった方がご入会することに。

立派な社会人の方でした。楽しみです。

チラシ作成

八王子でピアノ教室しています。

昨日は脳トレピアノのチラシ作成しました。

市民センタ―にもっていきます。

zoomの機能がアップしたようです。

あと、音の時差がなくなればなあ

今日は体験レッスンの方がこられます。

あついです

琉球音階

八王子でピアノ教室しています。

朝からブームの宮沢和史さんの島唄への想いをテレビでみました。

沖縄のゆめゆりの塔とかいって沖縄の戦争のことを

詳しく知ったという話も。

島唄は琉球音階でつくったけど、途中西洋の音階をいれたところがあって(レとラ)それは

戦争は沖縄のひとたちがしかけたのではない

というメッセージをこめたという話にじ~ん。。

戦争では県民の4人に1人がなくなったという事実。

そのあとずっと基地だった沖縄。いまでこそ観光で

内地からたくさん沖縄に訪れるけどほんとうにその歴史をふりかえったらひとことではいいあらわせません。

音楽は言葉よりも訴えることができることもあるんだなと改めて思いました。

今はコロナで沖縄も大変だ。

またおちついたら行きたいな~

長崎の鐘

 

八王子でピアノ教室しています。

今日は長崎に原爆が投下された日です。

朝から長崎の鐘という歌を脳トレのピアノ先生から紹介していただきました。

ハンドベルで演奏されたそうです。

また被ばくピアノの演奏もあったようです。

長崎の鐘は

サトウハチローが作詞、小関裕而作曲の

すばらしい歌です。短調からはじまり最後のさいごに長調になります。希望をもってというメッセージだそうです。

軍歌をつくってた小関祐而にとって(それで戦争におくりだすことをなげいていた)この平和の歌は作曲じたいうれしかったでしょうね。

朝ドラのエールにはまっているのでこの曲を知ってあすます小関裕而が好きになりました。

そして、音楽のもつ力、ずたずたにされた長崎のひとたちはどんなおもいだったんだろうとかんがえざるをえません。

戦後といっても、いつまでもこの歴史をこの日この月には振りかえらなければなりませんね。

朝から貴重なことをおしえていただき

よかったです。