和音をきれいに

ピアノ教室しています。

現在オンラインレッスンで生徒さん募集中!

今日は和音の話、ピアノをはじめてしばらくしたら和音がでてきます。弦楽器や管楽器とちがいピアノは一度に同時にたくさんの音を鳴らせます。これはじつはすごいことなのです。

だって人の声だっていちどに高さのちがう音を発することはできませんから。

その特性をきれいに表現するには

和音としてかかれているものはどうじにぴたりと合わせる必要があります。これは初心者のかたにはむつかしい。

なぜなら指から鍵盤までのながさがちがうので、あまり意識せずに鍵盤に落とすと必然的におとはばらけるのです。

そんなときはとにかくゆっくり

目で確認!

耳で確認!

しながら練習するのがあんがいはやみちです。ゆっくりです。

自分で指先までコントロールできるくらいゆっくり。。

現在オンラインのレッスンをしていますが

和音のばらけはわりと聞き取りやすいです。

ベートーヴェンやブラームス、ラフマニノフなど和音がどんどんできてくる曲がスムーズに弾けるようになってほしいから

いまのうちにきれいな和音をこころがけましょう。

あと、和音がぴったり一緒になったら

つぎはそのバランスです。均一の音量を作曲者がめざしていることはすくないです。バランスも重要。

これは

また次の機会に。

では今日も素敵なstay homeを!

弱くひくこつ

八王子でピアノ教室しています。

オンラインレッスンしています。

現在生徒さん募集中

今日は、音の強弱についてです。

強弱は音楽を表現するうえで大事です。

歌うときは大きな声でうたうことも

小さい声でうたうことも簡単にできるのに、ピアノの鍵盤を

つかって強弱を表現するのは初心者にとってはなかなか大変なことです。とくに弱い音!

弱いという言葉からくるイメージがだめなのでしょうか。

弱く、弱くとおもうばかり音がでなかったり、意識よりバンと

大きな音がでてしまうなど。

ここで試してほしいのは弱い音を出そうとおもわず、そ~っと

弾こうと意識をかえることです。鍵盤に指を下す速度をゆっくりにするのです。

おもえばタッチの速度はせっこう重要です。

自由にタッチをコントロールできるようになれば

表現にも幅ができるようになるはずです!

さあ、今日もいちにちレッスンがんばります!

今のお子さんは脱力は得意?

八王子でピアノ教室しています。

現在生徒さん募集中。オンラインレッスンしています。

今日は脱力のお話。

ピアノは指先はしっかりしていないといけませんが

手首は脱力してないとよい音がでません。

なんど師匠の先生に腕をもたれたことか。。

なつかしいです。おばけのように手のちからをぬいて

そのまま鍵盤にのせるという具合です。

おもえば、今の生徒ちゃんたちは(私のおしえてる生徒ちゃんは?)脱力は自然にできてるなあとおもいます。

どちらかというと指までふにゃふにゃになってて

それを直すほうが課題です。

机のうえでかたかたと鳴らすくらいの指のかたさがつくれたらいいのかなと。

早速stay home 中にやってほしいものです。

外は本当にいいお天気。緑が映えて美しいです。

駅ピアノ

八王子でピアノ教室しています。

現在オンラインでレッスンしています。生徒さん募集中!

今年は前期の保育士の試験が中止になったのですね。

後期の試験にむけて準備されてる方など

保育士試験の対応可能です。

 

お昼のBSで駅ピアノという番組がありますね。

最近家時間が長いからテレビをみるようになりました。

今日はシチリアの空港のピアノ、搭乗を待つひとたちが

自由にピアノを弾いていいよ、というものです。

ヨーロッパ版をみてていつもおもうのは

彼らの西欧の人たちにはとっては

ピアノや音楽は生活の一部なんだなあということ。

実に自然に奏でてくれる。

そしてとてもきもちよさそうに弾いている。

うらやましいなあ~。

大人になったときにこんな自由に弾けるように生徒さんたちを導けたらとおもいました。。

いま和声についてけっこう勉強したからそれを伝えたいような

気もするけどあれこれ理論を話したらだめなような気もしてきた。。身体で自然にかんじられるのがベストですね。

 

オンラインレッスンのよいところ

八王子でピアノ教室しています。

オンラインレッスンしていますので

全国対応可能です。

オンラインレッスンになってご家庭でのピアノを弾く様子をみれたのは

いいところです。

まず椅子の高さです。何気なく座ってる椅子ですが実は高さが重要です。

ある生徒ちゃんは立って弾いてるのかしら?とおもうくらい椅子が高すぎました。ほとんどの生徒さんはあまり椅子を意識していないように思います。

基本は腕と並行になるように椅子の高さを設定するのがよいです。

腕からのちからが自然に指にながれるようにするのが自然に演奏でき

身体をいためることもありません。

あとはスマホのおく場所によってはふだんより指の形をじっくりみることもできるようになりました。ふだんの角度とちがうから

あたらしい発見です。

できることを精一杯して晴れの日がくるのをまちたいとおもいます。

晴耕雨読でしたっけ?いまはstay home でできることを。

楽しく過ごせたら

八王子でピアノ教室してます。

世の音楽家さんもみんな苦労してます。

ほぼ全ての業種に影響でてますね。

家にいるお子さん達も本来なら

いろいろな事で成長するはずだからかけがえのない時間を

自宅で過ごしているということです。

自宅時間を有効に、ピアノを楽しんで弾いて、少しでもなんらかの形で成長できたなら。

比較的弾きやすく楽しめそうな曲を音名つきで動画投稿してます。

和声の勉強

八王子でピアノ教室しています。

stay home のうちにできることをしっかりやっておこうとおもいます。

和声の勉強をもう少しほりさげてやることにしました。

そうすると普段のハノンから耳がかわってきます。

バッハにおいてはあちこちに勉強するところがあります。

何気なくひいてたインベンション、平均律も調ごとに弾くようにしました。

カンタービレをするにもやっぱり和声感がしっかりしている必要があるのです。オンラインでなく対面のレッスンになったときには

生徒さんも私自身も成長して会えるのが楽しみ♪

今日は数名のレッスンがありました。みなさん、断然練習量がふえてます~。

やっぱり家時間がながいのと、あとは親御さんの目があるからかな~っと。

レッスンもきかれてるからなにを練習しなくちゃいけないかも

共有していますからねえ・・・これはいい効果ですね。

今月もオンラインでがんばります

八王子でピアノ教室しています。

現在オンラインレッスンしています。生徒さん募集中!

保育士さんの試験にも対応しています。

オンラインのレッスンは

LINE電話、Facetime,  

Googleduoの3つで対応しています

若干音の遅れがあったり、左右一緒に長い音を弾くときとなど

にきちんとききとれないところもありますが、そんなときは

画面の手をみてこうかな~とおもいながらレッスン。

最近はリモートで連弾とかもありますね。

このご時世、大変ですが与えられた状況でいかに最大限工夫して

過ごせるかだとおもいます。

毎日夜にジャズピアニストの小曽根真さんの演奏をきいています。

至福のひととき。

はやく収束しますよう。